CLionでスタックサイズを変更する時の手順を忘れてしまった時用にメモ。

実行環境

OS : macOS Sierra 10.12.5
コンパイラ : Apple LLVM version 8.1.0 (clang-802.0.42)
IDE : CLion 2017.1.1 Build #CL-171.4073.41, built on April 12, 2017

変更手順

C++で書かれたプログラムの実行時、スタックサイズを変更するには(自分が知っているのは)次の2種類がある。

  1. ulimitでスタックの値を変更
  2. コンパイラのオプションでスタックサイズを指定

今回はコンパイラのオプションでスタックサイズを変更した。
Clangでは次のオプションでスタックサイズを変更できる。

-Wl,-stack_size,0x1000000

スタックサイズは16進数表記なので注意。
尚、以下のサイトを参考にした。
osx - How do I increase the stack size when compiling with Clang on OS X? - Stack Overflow


そして、CLionで上記のコンパイラオプションを指定することでスタックサイズを変更すること出来た。
具体的にはCMakeList.txtに以下の記述を追加する。

set(CMAKE_CXX_FLAGS "-Wl,-stack_size,0x1000000")